MRの気ままな日記

人工知能、シンギュラリティなどに興味があり、主にそれらについて書いていきます。人工知能やシンギュラリティに関する本についても書いていきます。

「世界の廃墟」読んで


世界の廃墟 [ 佐藤健寿 ]

 

みなさんは「廃墟」にはどんなイメージがありますか?

 

子供の頃に近所に空き家や廃墟みたいな建物があり怖いような好奇心がくすぐられる様な気持ちを味わった事がある人は少なくないでしょう。

 

私もそんな子供だった一人です。「世界の廃墟」ではその名の通り、世界の廃墟の写真となぜ廃墟になったのかの理由が書かれています。

 

廃墟になった背景が非常に興味深い

廃墟になった理由は戦争、資金難、天変地異、原因不明なんてものもあります。

それぞれの歴史的背景が説明されており、「この国でそんな事があったんだ」と勉強になる部分もあります。

 

写真からも廃墟になる前の人でにぎわっていた頃のエネルギーが感じられる様な気がしますし、廃墟も人々がいた頃を懐かしんでいる様に見えます。

 

「奇界遺産」で有名な佐藤健寿さんが監修・解説されています。

私は、TBSの深夜番組「クレイジージャニー」で佐藤さんの事を知りました。

番組で佐藤さんが出演する回は毎回わくわくしながら観ていてそれで佐藤さんの携わった本を見てみたい思ったのが、この本と出合ったきっかけです。

 

この本で、子供の頃に感じた好奇心を少し思い出してみてはいかがでしょうか?

廃墟の写真で子供の頃の感覚を思い出すというのは、すこし奇妙ではありますが

では。