MRの気ままな日記

人工知能、シンギュラリティなどに興味があり、主にそれらについて書いていきます。人工知能やシンギュラリティに関する本についても書いていきます。

「AI」についての素人が入門書を読んでみた

f:id:MR01:20170601001134j:plain

最近、メディアなどでよく取り上げられている「AI(Artifical Intelligence)」

AIが囲碁や将棋でプロに勝った。などのニュースを耳にした事がある方も多いのではないかと思います。

 

正直言って私は、AIに関して全くと言っていいほど知識がありません。

しかし、これからの時代を確実に引っ張っていくだろうこの分野の事に興味を持ったのが、この本との出合いのきっかけでした。

もし、私の様にAIに興味があってもよくわからないという人は、ぜひ読んでみてください。

 

人工知能解体新書 ゼロからわかる人工知能のしくみと活用

神崎洋治

 


人工知能解体新書 ゼロからわかる人工知能のしくみと活用 (サイエンス・アイ新書) [ 神崎 洋治 ]

 

この本では、「ニューラルネットワーク」「ディープラーニング」など一見難しい専門用語がわかりやすく説明されています。

人工知能の発展により私たちの日常やビジネスにどんな影響を与えるのか?

ゼロからわかる人工知能のしくみと活用をわかりやすく書いた人工知能の解説書です。

 

私の様なAIを全く知らなくても、一つ一つの専門用語を分りやすく解説してくれています。

後半は、Googleが開発した「Watson」や日本でも話題になった「pepper」や他のAIやロボットなどの活用法や特長が書かれています。

 

AIの学習の驚異的な速さ

この本を読んで分かった事は、AIも我々人類と同じプロセスで学んでいるということです。

例えば、なぜ人間が「猫」を「猫」として認識できるかというと、それは人生の中で数多くの猫のデータに触れているからです。

データはもしかしたら本物の猫かも知れないし、猫の写真かも知れません。

それらの猫に関するデータに基づいて人間は猫を認識しているのです。

そのあたりはAIも全く同じの様ですが、AIには猫と触れ合う事はできないのでデータは画像ということになります。

人間との学習の最大の違いは、そのスピードではないでしょうか。

AIはものすごい速さで学習する事ができる様です。

その学習のスピードこそAIの長所の一つであると感じました。

学習の方法には「教師あり学習」「教師なし学習」がありその事もわかりやすくこの本の中で説明されています。

その他にも学習に関しては、「機械学習」「ディープラーニング」などの専門用語もわかりやすく解説されています。

 

多くの分野で活躍が期待されるAI

AIはすでに多くの分野で活躍を期待されています。

その一つが自動運転車でしょう。

しかし、車だけではなくバイクにもAI導入が考えられているそうです。

バイクとライダーがコミュケーションをして、AIがライダーに天候やその先のコースの状況をみて安全運転を促すという構想のようです。

医療や銀行での案内などでも導入が検討されている様です。

学生の採用などでもAIを導入している企業も出てきている様ですが、どちらの場合もまだまだ人間のサポート役としての領域を出ていない様です。

 

音楽に文学などの文化の領域にもAI

AIはすでに音楽や文学の領域にも導入が進んでいるようです。

AIがビートルズ風の音楽を作った事もあるそうです。

こちらがその曲です↓

作曲はAIですが編曲と作詞は人間の手で行われたとの事です。

この様に、音楽や文学など人間だけの分野にも徐々にAIが活躍の場を広げつつあるようです。

しかし、やはり文化的な領域は現時点ではAIにとって得意分野ではない様です。

 

最後に

イギリスの理論物理学者であるスティーブ・ホーキング博士は次の様に言っています。

人工知能の開発は人類の終わりを意味するかもしれない

 

イギリスの理論学者 スティーブ・ホーキング博士

 

 2045年問題やシンギュラティなど人工知能に対する不安が、最近メディアなどで取り上げられる事も多くなりました。

ただ知識もなく不安がるだけではなく知識をつけた上で考えてみた方が良いのではないでしょうか?

AIに関する本はこれからもまた読んでこのブログで紹介していこうと考えています。

 

最後までお読みいただき感謝します。