MRの気ままな日記

人工知能、シンギュラリティなどに興味があり、主にそれらについて書いていきます。人工知能やシンギュラリティに関する本についても書いていきます。

ホリエ本から見る人工知能時代に必要な力とは?

 

今回は、やがて来る人工知能時代に人間には何が求められるか?についてホリエ本(堀江貴文さんが書いた本)から考えていきたいと思います。


多動力 全産業の“タテの壁”が溶けたこの時代の必須スキル [ 堀江貴文 ]


すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 [ 堀江貴文 ]

 

[目次]

 

すぐそこまで来ている技術的失業

今、技術的失業が人類に迫りつつあります。

技術的失業によりを職を失うのは、単純作業などだけだと思われがちですが、ディープラーニングなどの技術の進歩により知的就業者いわゆるホワイトカラーも失業の危機にあると言えます。

人工知能導入にも、コストがかかりますから報酬が低い単純作業よりも報酬の高いホワイトカラーの方が失業の可能性が高いとさえ言えるかもしれません。

 

日本は人口減少による人手不足により将来、本格的に人工知能の導入する選択を迫られるでしょう。

 

 

大きく変わる価値観

そうなれば、現在の様により偏差値の高い大学に進学し、大企業に就職するという現在の成功といわれる価値観も変わっていくと思います。

なぜなら、大きな企業に就職したくても大きな企業ほど人工知能の導入スピードが速い為に就職する事が困難になる為です。

 

こうなると大学に進むこと自体に意味を感じなく学生が減る為に、今よりも大学の淘汰が進み、数が大きく減ると思われます。

もちろん大学に進む学生がいなくなるわけではなく本当に学びたい学生だけが進学するという感覚にスライドしていくでしょう。

会社も社内でキャリアアップしていく事はなくなり自分自身の価値を上げる事になっていくでしょう。

 

f:id:MR01:20180309233328j:plain

東京から地方へ

ITなどの発達のより職がある人もオフィスで働く事は少なくなります。

今、貸会議室を行う業界が注目されていると言います。企業が会議室をわざわざ持つよりも借りる方が割りがいいと考え始めたようです。

将来的に、会議やプレゼンなどはVRで行うと事が出来るようになるかもしれません。

そうなると東京に住む事に意味を感じなくなる人が増えるでしょう。

子供をのびのび育てたい人などは地方に移住する事を選択しだすでしょう。

そうなれば、人口の偏りは少しは改善するかもしれません。

 

これは、東京を離れられない人にとっても悪い事ではありません。

オフィスが少なくなり、住む人もが少なくなれば不動産価格は下がり、東京に戸建やマンションを持ちやすくなるかもしれません。

 

 

f:id:MR01:20180308004045j:plain

間違いではなかったゆとり教育

このように、時代の革新の入り口に立つている現代の子供にはどんな教育が適しているのでしょう。

私は、ゆとり教育は間違いではなかったと思っています。

日本の子供の学力が下がってしまった為に、脱ゆとり教育に舵をきりましたが、そもそも、勉強をあまり得意でない子供に無理やり勉強させて子供の学力の平均点を上げて何の意味があるのでしょう?

勉強は、得意な子供に任せて勉強が不得意な子供は別の才能を見つけられる様に大人が環境を作ってあげるべきなのです。

それが一つの事に没頭する力なのです。

その点で授業時間を減らし自分の興味のある事に時間を費やせるゆとり教育は決して間違いではなかった思います。

 

小学校の大学化

私は、小学校を大学化すべきだと思います。

基本的な勉強だけを全員に教えて、勉強特化クラス、芸術クラスなどに分けるべきです。

子供にその時に興味がある事を徹底的に学ばせるのです。

これにより、子供がより個性的な自分の才能でしっかり生きていける人間になる事を目的に教育を進めるべきです。

 

つまり、現在の様な没個性的な常識を植え付けるだけの教育からはすぐに脱却するべきです。

 

ユーチューバーという選択はあり?

近年、子供達の憧れの職業にユーチューバーが入る様になりました。

今後はさらに新しい職業が出てくるでしょう。

今日、生まれた子供は我々が想像もしない様な職業に就いているでしょう。

 

ユーチューバーと聞くとそんなの職業か?

と疑問に思う方もいると思いますが、ユーチューバーが職業ではないにしてもその選択は必ずしも間違いではないと思います。

別に、私はユーチューバーになる事を勧めている訳ではなく。

彼らは新しいプラットホームをいち早く取り入れて自分の好きな様に生きています。

つまり、これからは感度の高いなんでもとりあえずやってみる人の方が強いと思います。

 

まとめ

産業革命、IT革命などで我々の価値観はその都度大きく変化させられてきました。

そのスピードは、速くなっていきます。

10年前の常識や技術は、もはや通用しなくなりこれから先の時代も、もちろんそのスピードは緩まる事はないでしょう。

未来を大きく変化させる技術や常識は人口知能だけではなく、ブロックチェーン技術やシェアリングエコノミーなど数多くあります。

 

これからは働き方や人生観は大きく変化して行くでしょう。

その中で、どの様な生き方を選ぶ事が自分らしく生きて行く事ができるでしょう。

その為にはどの様な教育が必要なのか?

今から考えていく事が必要かもしれません。

 

今回は私が読んだホリエ本を基に私の意見を書かせていただきました。

あくまで、素人の意見なので間違っているかもしれませんがご容赦ください。