MRの気ままな日記

人工知能、シンギュラリティなどに興味があり、主にそれらについて書いていきます。人工知能やシンギュラリティに関する本についても書いていきます。

全人類がインターネットを使える日

f:id:MR01:20180321221121j:plain

我々の生活はすでにインターネットなしでは成り立たなくなりました。と言っても大袈裟ではないと思います。

 

しかし、未だにインターネットが整備されていない国が存在します。

その理由としては、インフラ整備と携帯が高額である事一因の様です。

 

インターネットの普及率は2017年4月時点で51%だという事です。

 

インターネットが普及していない国にインターネットを提供しようとしている企業が存在します。

イーロン・マスク率いるスペースXやOneWebです。

地球低軌道にたくさんの衛星を打ち上げて地球を囲んで地球上の隅々までインターネットを提供しようとしているのです。

 

この挑戦は過去に多くの企業が失敗した事業なのですが、もし成功すれば全人類がインターネットの恩恵を享受できる意味はかなり大きいと思います。

 

全世界レベルのIT革命

全世界にインターネットが行き届けば大きな変革が起こる事は間違いないでしょう。

まず、考えられるのが経済の変化です。

 

全世界の人々が仮想通貨を使える様になれば、お金の流れはさらにグローバルになって行くでしょう。

 

そうなれば、治安などの問題もありますが企業は人件費や法人税の安い国にオフィスや工場を移す事になるかもしれません。

仮想通貨は個人レベルの送金を簡単にするという利点があります。

 

それが世界レベルでビジネスなどを興す事のハードルも下がるはずです。

そうすれば、今よりもスタートアップやイノベーションが起こりやすくなるでしょう。

 

観光立国に仮想通貨は必須?

日本は今、かつての製造業の国からおもてなしの観光立国になろうとしています。

「おもてなし」の言葉の下に海外観光客を取り込もうとしています。

 

観光立国としてお金の流れは重要ではないでしょうか?

 

あなたが海外旅行に行っていた時の事を考えてください。

いちいち今持っている通貨を自分が行こうとしている国の通貨に替えないといけないのは面倒ですよね?

 

仮想通貨は両替の必要もなく使う事ができるのでそんな面倒もありません。

これからの未来は観光立国を目指す為には仮想通貨は必須かもしれません。

 

もちろん、現在は数多くの仮想通貨が存在する為、この先淘汰が進むでしょうけどその存在は大きなものになっていくでしょう。

 

全世界にインターネットが普及すればそこに大きなビジネスチャンスやイノベーションの可能性があるかもしれません。

 

この予測は、素人のただの妄想を書いただけなので間違いがあったら申し訳ありません。