MRの気ままな日記

人工知能、シンギュラリティなどに興味があり、主にそれらについて書いていきます。人工知能やシンギュラリティに関する本についても書いていきます。

0から1の時代になるけど君はどうする?

f:id:MR01:20180423230827j:plain

みなさん。こんにちは。

MRです。

今回は、0から100の時代へをテーマとして書いていきます。

 

今までの価値観が通用しない時代へ

ひと昔前は、転職などはあまり良しとされてきませんでした。

一つの会社に新卒で入社したら、一生をその会社の一つの肩書きで定年を迎えるのが普通でした。

 

しかし、終身雇用の時代も終わりを告げて久しい今日、働き方は様々になってきています。

 

このブログでも何度か書きましたが、近い将来、労働が人から人工知能に置き変わる事が予想されます。

ホワイトカラーの人間は激減し、ブルーカラーも本当に優秀な人しか残らないそんな時代になろうしているのです。

 

そんな中、従来通り一つの肩書きにこだわりって生きていくのは不可能になっていきます。

 

1から100の時代が終わり0から1の時代へ

今まで多くの企業は1から100を生み出す事で成り立ってきました。

 

従業員を雇いその生活を保障してきました。

従業員も、雇われる事で価値を生み出す事から無縁で生きてきたと言えます。

 

しかし、仕事は与えられる時代は終わり告げ、創り出すものに変わっていきます。

誰もが0から1を生み出す立場に変わるのです。

 

会社は無くなる君はどうする?

 

労働力が人間から人工知能に置き変われば、今、雇われている人は失業します。

だから、経営者だけが儲かるかと言えばそうではありません。

 

経営者もまたブロックチェーン技術により代替が可能かもしれませんし、世界のあらゆる経営判断を学習した人工知能も登場するかもしれません。

 

 

  

つまり、将来的に今の意味する所の企業や労働はなくなり多くの人は労働できなくなります。

 

これは、裏を返せばついに人間は労働から自由になるのです。

 

つまり、今まで雇われていた人も経営者も仕事を創り出す存在にならなければなりません。

これはすなわち、0から1を生み出す人材にならなければならないのです。

 

一体何が仕事になるのか?

それはわかりません。

しかし、分からないというのは自由という事です。

 

革命のファンファーレは鳴った。

                        (中略)

ここからは、"好きな事を仕事化するしか道が残されていない"時代だ

 

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 [ 西野亮廣 ]より引用

 

 

あなたには何か夢中になられる物があるでしょうか?

それをもっと深掘りすればもしかしたら、誰かにとっての価値にはならないでしょうか?

 

あなたが、夢中になれる事をあなたの周りの人は理解出来ないかもしれません。

けれど今は、インターネットで気軽に世界の人達と繋がれる時代です。

あなたが夢中になる事を理解してくれる人が世界のどこか何万人もいるかもしれません。

 

近年では、好きな仕事をしなさい。

とよく言われるますが、これからの時代は

好き仕事を創りなさいという時代になりつつあるのです。

 

革命のファンファーレに両手で、耳を塞いでないだろうか?

また、周りの雑音でかき消されていないだろうか?

 

誰もいない場所で耳を塞ぐのをやめて耳をすませば、遠くに革命のファンファーレが聞こえるはずです。

 

人間って何だ?

この先も科学技術は発展していくでしょう。

宇宙エレベーター、地球の環境問題の解決など人間が挑戦する技術はまだまだあります。

 

しかし、それを担うのは人間ではなく人工知能かもしれません。

 

汎用人工知能の完成こそが人間が辿り着く、科学技術の頂点かもしれません。

 

その時、人間って一体何だ?

働くってなんだ?

と、もう一度自分自身に問う事になるでしょう。

その時の為に今から少しずつ考えていくべきではないでしょうか?

 

まとめ

ここまで読んでくれたあなたは今もしかしたら、自分も何か変わらなければと、あせっているかもしれません。

 

しかし、自分も変わらなけりゃと考えているという事は、あなたも今の自分は何が違うと感じているという証拠です。

 

どんなに時代が変わろうと、普遍な事があります。

受動的な人間よりも能動的な人間の方が幸せに自分らしく生きていけるという事です。

 

何か変わりたいけど、何をすればいいかわからない人は、いきなり大きな事をする必要はない。

できる事からでいい。

やってみたいと思っているけど、なかなかやれていなかった事をやればいいと思います。